ビタミンEの抗酸化作用 抗酸化おさえておきたい抗酸化物質たち

ビタミンEの抗酸化作用

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれていて、血行を良くし新陳代謝が盛んになる為、お肌をいつまでも若く、みずみずしく、美しく保ちます。


またビタミンCと並ぶ高い抗酸化作用により、最近問題になっている活性酸素による害を防いでくれるビタミンとしても知られています。


活性酸素は体を酸化させ、老化や生活習慣病を引き起こす原因とされていますが、これがお肌に出るとシミやシワなどの老化現象として出てきます。


これに対しビタミンEは新陳代謝を活発にしますので、シミなどの原因となる皮膚の細胞に溜まったメラニンをスムーズに排出させ、シワの原因である体内の血液循環の悪さによる細胞の栄養不足を改善し、深いシワになる事を予防します。


さらにビタミンEは、不飽和脂肪酸の酸化抑制作用によってシワを防ぎ、同時に生活習慣病の原因となる動脈硬化を予防してくれます。


また冷え性やしもやけが出来やすい人にもビタミンEはお勧めです。


今やビタミン類は、ドラッグストアで間単に手に入れる事が出来ますのでいいですね。


サプリメントでビタミンEをとる場合、月見草オイルが非常に純度が高いのでお勧めですよ。


普段の食生活からビタミンEを積極的にとりたい人は、鶏肉やほうれん草、ゴマなどからとることが望ましいです。特にゴマは何の食材にも合いますので、ゴマすり器でお気軽に振り掛けられますよね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120340620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。